デジタルサイネージ向けタッチパネルモニター

デジタルサイネージ向け42型・「OTL425」の製品詳細をご案内しています。GeneralTouchのデジタルサイネージ向け「OTL425」は、10点タッチをサポート、タッチスクリーンには滑らかなエッジ・ツー・エッジデザイン、アルミニューム合金筐体とメタリック感で洗練されています。LEDバックライトでスプレイ、176° × 178°の視野角と1920 × 1080の解像度を持つモジュールは低電力で薄型・軽量な42型デジタルサイネージ向け・タッチモニターです。

OTL425 – 42型・デジタルサイネージ向けタッチパネルモニター

デジタルサイネージ向け「OTL425」・42型は次のような特徴と用途になっています。

デジタルサイネージ向けタッチパネルモニター

デジタルサイネージ向けタッチパネルモニターとしての特徴

  • エッジ・ツー・エッジガラスタッチスクリーンベゼルとLCDパネル
  • 1920 × 1080解像度でタッチスクリーンモニタと178° × 178°の視野角
  • 最大10のタッチポイント
  • VESA & サイドマウントオプション
  • 低消費電力 & LEDバックライト付き

デジタルサイネージ向けタッチパネルモニターとしての用途

  • セルフサービス端末
  • リテール&ホスピタリティ
  • ディスクトップタッチモニター
  • インタラクティブデジタルサイネージ(IDS)
  • 交通情報
  • 教育

OTL425・42型の仕様

項目 内容
モデル OTL425
表示方式 42″インチ
アスペクト比 16:9
ネイティブ解像度 1920 × 1080@60Hz
ピクセル応答時間 6.5ms(GTG)
表示色 1670万色
コントラスト比(標準) 3000 : 1

※ 仕様の一部を抜粋してご案内しています。その他はお問い合わせください。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、屋外や店頭などに設置された液晶ディスプレイなどの映像表示装置のことで、まとめると以下のようになります。

デジタルサイネージは、屋外や店頭などに設置され、近くにいる人や通りすがりの人に案内情報や広告などを表示する装置で、看板やポスターなどを電子化したものといえます。ネットワークに接続され、外部から情報を配信することができ、店頭や公共施設、交通機関、ビルの壁面や屋上などに設置されています。広告媒体としては、特定の時間と場所を指定して表示でき、ポスターのように入れ替えの手間がかからない点が注目されています。

取扱い製品情報

フューチャーコネクト株式会社が取扱いますタッチパネル製品は、国内外メーカーの製品を厳選し、それらの製品を日本国内で最終品質検査及び、販売後のアフターサービスを行っており、品質・サービスを通してお客様から信頼を頂いております。

タッチパネルモニターの製品一覧

フューチャーコネクト(株)が取り扱いますタッチパネルモニター製品は日本製、もしくは日本国内で最終品質検査を行い、納品後のアフターサービスも万全の体制を整えています。どの製品も品質は安心してお求め頂けるものばかりです。一般事務から、情報端末、産業用、デジタルサイネージ等様々な用途に対応致します。

タッチパネル

タッチパネルの製品一覧

タッチパネル製品一覧(フューチャーコネクト株式会社)です。「超音波表面弾性波」、「抵抗膜」、「投影型静電容量」、「赤外線走査」、「投影型赤外線」の各種タッチパネルをご案内しています。タッチパネルにはそれぞれ長所と短所があり、用途や環境に応じたタッチパネル製品を選ぶことが大切です。

デジタルサイネージ向けタッチパネルモニター42型「OTL425」をご覧頂きありがとうございます

フューチャーコネクトはタッチパネル製品のご提供だけではなく、カスタム対応や数多くのソリューション(店舗・リテール分野・ホスピタリティ・オフィスオートメーション・医療・ヘルスケア・エンターティメント・デジタルサイネージ・産業分野)もご提案させて頂きます。タッチパネル製品に関することなら遠慮なくご質問ください。

お問い合わせ

関連する製品情報