タッチパネル赤外線走査方式

タッチパネル赤外線走査方式とは、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置しています。画面をタッチすると、光がさえぎられることによって、縦横位置からタッチ位置を検出します。
赤外線走査方式は、オプトマトリックスフレームに赤外線の発光素子(LED)と受光素子(フォトトランジスター)が赤外線のグリッドを作り出す様に対に配置されています。スタイラスが置かれると、受光素子はX座標、Y座標でそれぞれの遮光を検知し、位置を検出します。タッチ面に傷がついても位置検出には影響がありません。

タッチパネル赤外線走査方式仕様

項目 内容
検出原理 赤外線走査方式
タッチ表面材質 ガラス
入力スタイラス 制限なし
光線透過率 90%以上
タッチ部表面硬度 4㎜ガラスの場合、7H
タッチ精度 <1.5mm
動作寿命 1千万回以上
入力電源電圧 DC5V±5%
最大電流 500mA
ESD 接触放電8KV、気中放電15KV
(EN 61000-4-2基準)
使用温度範囲 -20℃~+70℃
保存温度範囲 -30℃~+85℃
湿度範囲 10%~90%RH、40℃ (結露無きこと)
動作寿命 1千万回以上

方式によるタッチパネルの違いを比較しています

フューチャーコネクト株式会社 TEL 06-6556-6215 AM 9:00 ~ PM 6:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

ご挨拶

フューチャーコネクトのサイトをご覧頂きありがとうございます。スマートフォンやタブレットPC、公共施設や各種お店、銀行のATM、電車の切符売り場など私たちの生活を便利にしてくれるタッチスクリーンたちを見かけない日がないくらいです。

弊社はカスタム対応・メンテナンスなどにお応えするタッチパネル専門企業です。機器の導入でお悩みのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。技術スタッフがご質問にお答えいたします。

PAGETOP
Copyright © フューチャーコネクト株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.