赤外線走査方式は従来の超音波表面弾性波方式の特長をベースに、タッチ画面とベゼルの段差がなくフルフラットなデザインです。これによって、上質な外観が出来上がり、メンテナンスがより簡単、更にマルチ2も対応可能です。

また、トランスデューサと反射アレイは裏面に設置するため、表面全体タッチすることが可能です。

赤外線走査方式タッチパネル部仕様

項目 内容
検出原理 赤外線走査方式
タッチ表面材質 ガラス
入力スタイラス 制限なし
光線透過率 90%以上
タッチ部表面硬度 4㎜ガラスの場合、7H
タッチ精度 <1.5mm
動作寿命 1千万回以上
入力電源電圧 DC5V±5%
最大電流 500mA
ESD 接触放電8KV、気中放電15KV
(EN 61000-4-2基準)
使用温度範囲 -20℃~+70℃
保存温度範囲 -30℃~+85℃
湿度範囲 10%~90%RH、40℃ (結露無きこと)
動作寿命 1千万回以上

赤外線走査方式とは

赤外線走査方式は、パネルの周囲に発光側と受光側のLEDを対に配置されています。画面をタッチすると、光がさえぎられることによって、縦横位置からタッチ位置を検出します。
赤外線走査方式は、オプトマトリックスフレームに赤外線の発光素子(LED)と受光素子(フォトトランジスター)が赤外線のグリッドを作り出す様に対に配置されています。スタイラスが置かれると、受光素子はX座標、Y座標でそれぞれの遮光を検知し、位置を検出します。タッチ面に傷がついても位置検出には影響がありません。

赤外線走査方式の解説図

取扱い製品情報

弊社が取扱いますタッチパネル製品は、国内外メーカーの製品を厳選し、それらの製品を日本国内で最終品質検査及び、販売後のアフターサービスを行っており、品質・サービスを通してお客様から信頼を頂いております。

「超音波表面弾性波」、「抵抗膜」、「投影型静電容量」、「赤外線走査」、「投影型赤外線」の各種タッチパネルを取り扱っています。製品価格や技術的なご質問は、お電話か問い合わせフォームより、まず弊社営業担当までご連絡ください。カスタム対応やソリューションのご提案もお任せください。

関連する製品情報